長野県伊那技術専門校
〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190
TEL:(0265)72-2464
FAX:(0265)72-2064
Email:inagisen@pref.nagano.lg.jp


Q & A

お問いあわせフォーム

よくある質問

伊那技術専門校についての質問

募集についての質問

各科についての質問

伊那技術専門校についての質問

Q.専門学校とどこが違うのですか?

 専門学校が文部科学省管轄の学校施設であるのに対し、技術専門校は厚生労働省管轄の能力開発施設です。どちらも専門的な知識・技術の習得と資格取得などを目標にしており、似ている側面があります。

Q.最寄りの駅からどうやって行けばよいですか?

 JR飯田線伊那北駅より車で15分位(約5km)です。伊那インターチェンジから西に進んでいただき、サークルKのある交差点(大萱)を左に曲がってください。バス等をご利用の場合はJR飯田線伊那市駅で下車してください。
詳しい道筋などに関しては、交通案内地図を参考にして下さい。

Q.見学、入校等の相談をしたいのですが?

 募集の時期に合わせ見学会を開催しています。また、見学会以外でも祝祭日を除いた月曜日から金曜日(9時から3時半頃まで)であればいつでも見学を受付けていますので、 見学を希望する場合は電話・メール等で当校まで連絡をお願いします。
 見学に来校されましたら、事務室に見学の旨をお伝えください。

〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190
TEL:(0265)72-2464 FAX:(0265)72-2064
Email:inagisen@pref.nagano.lg.jp

Q.遠隔地に住む人のための手配はどうなっていますか?

 校ではアパート等の紹介は行っていませんので、民間のアパート等は不動産会社を通じて探してください。 ワンルームマンションの場合、 敷金・礼金は別として2万円台からの家賃が相場だと思いますが、 駐車場は別にかかるのが通常です(5千円位)。アパート等はご自分で探すことになりますのでご了承ください。

Q.奨学金はもらえるの?

 技能者育成資金融資制度という融資制度があります。詳しくはご案内ページをご覧ください。

Q.学校の休みはいつですか?

土日祝祭日と夏期休業、年末年始休業、年度末休業があります。
〔平成26年度計画〕
・夏期休業 (8月1日~8月19日)
・年末年始休業 (12月20日~1月7日)
・年度末休業 (3月14日~4月(予定))

Q.就職への対応はどのようになっていますか?

 ハローワークと連携を図りハローワークに出向いての斡旋を願うとともに、当校は無料職業紹介業務の指定施設となっていますので、企業から直接求人をいただき斡旋を行っています。
 また、企業人事担当者を校に招いての求人説明会や、就職のテクニックを学ぶ就職術講座を実施するとともに、指導員によるきめ細かな就職相談を実施しています。

募集についての質問

Q.県外(住所変更を伴う)からの受験・入校は可能ですか?

 受験、入校(合格者)とも可能です。住所変更の必要はありません。(入校後は変更を勧めます)

Q.学歴・年齢の制限はありますか?

メカトロニクス科・情報システム科においては
現在、高等学校を卒業された方(もしくは同等の学力を有すると認められる18歳以上の方)を対象としております。
また、授業の内容と就業状況から見て、概ね30歳までを上限と考えています。(効果的に訓練が修了できます)
上限を超えている方でも一度お問い合わせください。
機械科においては、年齢・学歴は問いません。

Q.雇用保険給付資格者はどうすればいいのですか?

 雇用保険の受給資格のある方は、事前(応募前)にあなたの在住する地域の職業安定所に 「○○の仕事をしたいが技術がない。職業訓練ということを聞いたが」等の趣旨で相談してください。
その職安の指導を受け、職業安定所経由で応募し、受験・合格すると雇用保険の入校期間内の給付延長が可能となる場合があります。詳しくは、最寄の職業安定所にお尋ねください。
長野県外の方は県間協議等をする場合がありますので、 早めに職業安定所に相談してください。

Q.学科試験(国語、数学)について、過去の試験内容等を知ることはできますか?

 昨年分については、長野県内の各技術専門校で閲覧やコピーが可能です。
また、92円切手を貼った返信用封筒(住所記入のこと)を同封の上、文書で請求していただけば、郵送も可能です。
学科試験は、国語(国語I(古文及び漢文を除く))及び数学(数学I)で、共に高校1年程度の基礎学力を問う問題です。

送付先
〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村8304-190
長野県伊那技術専門校

Q.職業適性検査とは、どのような検査ですか?

 職業適性検査は、厚生労働省が定める検査です。これは本人の持っている素養を検査するもので、事前の勉強は必要ありません。
同じ形を選ぶ、展開図から立体を選ぶ 、並び替えた図形を選ぶ、算数の文章問題を解く等をみます。指先などの運動機能の検査(器具検査)もあります。

各科についての質問

Q.必要経費(授業料等)はどのくらい必要ですか?

 メカトロニクス科、情報システム科については、入校料や授業料(高等学校程度)、入校審査料もご負担いただきます。

 機械科については無料です。

 上記以外の詳しい経費は合格者に通知いたしますが、必要経費(訓練で使う書籍・道具等)は科によって異なりますので各科紹介ページを参照してください。

Q.木工科の訓練は行っていないのですか。

 平成21年度(平成22年3月)に、上松技術専門校に統合されました。
訓練を希望する方は、上松技術専門校へお尋ねください。

Q.情報系の科を受験する場合、パソコンに関する知識は、ある程度必要ですか?

 情報システム科では、初歩から学習するので全く初心者でも大丈夫です。

Q.「技能五輪」というものがあると聞きましたが、詳しく教えてください。

 国際技能競技大会(World Skills Competition)と呼ばれています。
技能五輪全国大会は、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会であって、その目的は、次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者に優れた技能を身近にふれる機会を提供するなど、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重機運の醸成を図ることにおかれています。
現在、全国大会は、原則として毎年11月に開催され、国際大会が開催される前の年の大会は、国際大会への派遣選手選考会をかねています。
全国大会の出場選手は、各都道府県職業能力開発協会が行う地方予選あるいは推薦等により選抜された者としています。
大会の参加資格は、大会開催年に22歳以下であることとなっています。

競技職種
機械組立・抜き型・精密機器組立・メカトロニクス・機械製図・施盤/CNC・フライス盤/CNC・構造物鉄工・情報技術・溶接・木型・タイル張り・自動車板金・ 曲げ板金・配管・電子機器組立・民生用電子機器・電工・工場電子機器・レンガ積み・石工・広告美術・左官・家具・建具・建築大工・貴金属装身具・フラワー装飾・ 美容・理容・洋裁・自動車工・調理・ウェイター・車体塗装・農業機器整備・冷凍技術・グラフィックデザイン・洋菓子・ビューティーケア・造園・IT and ネットワークサポート

お問い合わせ

上記の「よくある質問」にない質問など、伊那技術専門校についてご意見・ご質問等ありましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

ご質問いただきました点につきましては、原則として1週間以内に担当者からご返答いたします。